忍者ブログ
そうだね。
[89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやー久しぶりですねー皆さん。evolutionです。
コミケから帰還して、戦利品の整理や風呂なども終わらせて1段落ついたので更新。
諸事情により朝比奈兄妹の家より更新しております。

事の発端は16日(昨日だね)、旅行から帰って2時間程たった、
夕方5時頃にかかってきた一つの電話。
PCをやっていた俺はどうせ母者が出ると思って放置していた。
多分これが一番のミスだったと思う。自分ですぐ出てればこれよりの展開は回避できたのに…
ということで母者が電話を取り、なんらかの会話を交わしていた。
ほどなくして2階のPC付近の電話が鳴り始める。鳴り方からして内線である。
どうやら電話の主は俺にも用があったらしい。電話を取った。
母者「もしもーし。○○くん(朝比奈兄の名前)からよー」
い や な よ か ん
ブチっという内線の切れる音。朝比奈兄(以下兄)と繋がったみたいである。
兄「もしもーし?」
俺「…この電話番号は、ただいま貴様の様なYELLOW MONKEYに対しては---」
兄「ああ、いたのね。俺だけど」
・・・俺の渾身のギャグは華麗にスルーされた。披露する相手を間違えたと正直思う。
俺「スルーされるのが一番つらいんだぞ」
兄「そのネタは正直使いふるされた気がするんだけどな。まぁそれはいいとして本題だ。
  コミケに行かないか」
頭に沸いた無数の疑問文の内どれを聞くべきか迷って、一瞬黙ってしまった。
これもかなり手痛いミスだったと思う。
兄「とりあえずウチの玄関前に7時集合ということでいいかな?
  もちろん親にもさっき許可を取って置いたのでその点は問題ない。」
しまった、と思っても遅かった。相手に用件を全て言わせてしまった。
相手はもうすでに伝えるべき用件を伝えてしまったのでいつ切られてもおかしくない。
そうなったらこのよく分からないまま兄の家に行くハメになる。
状況が分からん。どうにかして情報を、情報を!!!
俺「OK、待ってくれお願いだから。そっちに泊まる事になったのか?」
兄「惜しいねー。泊まるのはウチではないな」
つながった・・・。こいつコミケで泊まりこみをやるつもりだ・・・
俺「ビッグサイト近辺は泊まり込み禁止だったと記憶していますが」
兄「禁止でもどうせ徹夜する人間は出てくるので気にしちゃだめだよ。
  それに、警察沙汰になることはありえないから心配ない」
俺「なんで?」
兄「警察沙汰になったらコミケが中止になるからだよ。それは運営側も避けたいしね。
  まぁ、ということで徹夜してもなんら問題はないわけだ」
俺「なぜ禁止になってるかを考えてみろよ。近隣住民に迷惑だし、運営側にも迷惑。
  他の参加者にとっても不快極まりない。だから禁止になってるんですよー?」
高校生相手に常識を諭す俺。
兄「いいじゃないかー。みんなでコミケ参加できるのもこれが最後かもしれないんだよ?」
俺「最後になるかもしれないから万が一警察沙汰にならないよう注意するんだよ!!!」
兄「あーもう。とりあえずこっちで考えればよろし。ということで7時にウチの玄関前!
  親にも許可とったからいまさら断ったら怪しまれるよ!んじゃあ待ってるぞー」
ブチ。ツー。ツー。ツー。

同日、19時。朝比奈兄妹邸玄関前。
これからが長いのではしょります。
俺「ふざけるなー!」
兄「ふざけてなーい!」
妹「おまえ何しに来たんだぁー!」
俺「俺はいやだー!」
兄「無理にでも連れて行くー!」
妹「私まで巻き込むなぁ!」
俺「うわあああ帰してくれえええ」
兄「最後の思い出作りだぜぇー!」
妹「お前ら二人で行けよぉー!」

以上。
まぁ…ちょっと楽しそうだったのあったし…
ちょっと油断したら気づいたら国際展示場正門駅。
高校生+中学生2人の怪しい集団が夜のビッグサイト前で騒いでいます。
結構人いるし。もう日本はダメだな…
兄は他の人達の中でテントを設営している。
もうここまで来たら思いっきり楽しむべきなんでしょうね。ええ。
警備員?入場禁止?警察?中止?そんなもんしらねぇぇぇ
悟りを開く俺。覚悟を決めてテントの中に突入。
そこにあったのは兄と緑色のマットと緑色の長方形の物体がいっぱい。
俺「・・・麻雀ですか・・・」
兄「入場は10時!ちょうど後12時間か!がんばるぞー!!!」


始まったのは地獄の3人打ちでした。
サンマなんぞ片手で数えられるほどしかやったことがないがね…
兄の提案でトップはビリに罰ゲームを一個言いつけられるらしい。
そういう王様ゲーム的なノリは野宿と徹夜というテンション上昇な状況と合わさると…
ちょっと人間関係に亀裂を走らせそうなノリになっちゃいそうで怖いんですが。

1ゲームめ。ルールは半荘のありあり。他主なローカルルールは大体なし。
東一局で俺が親。ダブ東でドラも東。そして配牌で東が二枚。き た こ れ
3回目くらいのツモで東をアンコる。そして10巡目くらいにリーチ。
ツモ。数え役満で、サンマの点数計算がよく分からなかったので16000点オール。
東三局。確か面前の混一色ドラ1かなんかで跳満。妹から振込み。
そして以降、大体均等にアガって終わり。
普通に俺圧勝。一生分の運を使ったかもしれない…
ビリは妹。
兄「エロゲー展開!エロゲー展開!」
即座に思いついた罰ゲームが尻文字だった自分の思考回路に絶望。
今のテンションだと危険なので罰ゲームは保留にしておいた。

2ゲームめ。
詳細はめんどいので省くが兄が一位、俺がビリ。
罰ゲームは「ウチのサークルの本を3冊買え」
俺「貴様サークル参加してたのか!!サークル側で入場できる癖に何故徹夜をする!!
  ていうかサークル側なのに規則違反して大丈夫なのか!?
  いや、そもそも3冊って…そういう財布にダメージ与えるのは勘弁してくれよ!」
兄「嫌ならウチのサークルの宣伝でコスプレする、でもいいけど」
俺「…喜んで買わせていただきます…」

3ゲームめ。
結果。兄一位。妹ビリ。
兄「こすぷれ!コスプレ!CostumePlay!」
妹「いくらなんでもそれは無理…」
兄「罰ゲームを拒否するなんてVIPPERの隅にも置けないな!」
俺「中学生にコスプレさせて宣伝なんてしてみろよ。お前のサークル内での威厳はゴミとなるぞ」

ながーい説得により、なんとか「俺の事を一週間お兄様と呼ぶ」で手を打たせた。
家で「お兄様」とか言ってたら親が凄い心配すると思うんだけどな…
まぁどうせ2日くらいで自然消滅するだろうからいいか。

ここで妹が麻雀に飽きたということで一旦ストップ。
俺は体力温存のために寝ようとするがいくらなんでも暑すぎて寝れない。
兄は一人でPCを始めた。
妹はなんかの本を読み始めた。カバーで何の本だか分からなかった…

後は凄いgdgdで過ごした。


あーちょっと文書きすぎで疲れた。
コミケ当日の分は明日書くとしよう。
どうせ明日はコミケ行かないしね。俺は。
明日は朝比奈邸で西尾維新の神さを噛み締める事にしよう。

コミケでは東方の最新作、風神録と企業ブースの新作AVGのグッズ色々、
適当に目についた本を何冊か、後適当な同人STGの新作、って感じに購入。
万札2枚飛んだけど、まぁコミケだし仕方がない。

それより風神録の難易度が鬼
かの兄すらも苦戦している。また永夜抄が簡単だったからね。

ではまた明日

ノシ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
仲良さそうでいいねえ。
koh 2007/08/18(Sat) 編集
無題
よくこれだけ長い文章をこのテンションで書けるな。
RYO 2007/08/18(Sat) 編集
無題
それがコミケテンションというモノです
evolution249 URL 2007/08/18(Sat) 編集
無題
お疲れ様でした
第七聖典 2007/08/18(Sat) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[01/25 第七聖典]
[01/11 第七聖典]
[01/10 RYO]
[01/10 RYO]
[01/06 紫杏]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
evolution2497521
性別:
男性
自己紹介:
おきのどくですがぼうけんのしょ1はきえてしまいました
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ぶしつのつはつみきのみ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]