忍者ブログ
そうだね。
[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の一曲コーナーは終わってません!決して忘れなんかいませんとも!

真昼間から若干現実逃避気味な気分なのでブログを更新します。
要するにやる事がないです。早く明日になーれ

さて、では久しぶりに例のソフト比較をしようかと思います。
何故いきなりこの怪しいシリーズが復帰したかというと。
某Y氏のブログでソフト紹介してるのを見て、影響されたからです。
コメント欄に長文書き込んで悦に入るのはいささかアレだったので、
自分のブログに書きたい事を書く事にしたわけです。

そういう事なので、久しぶりにブートキャンプしましょうか。

------仮想ドライブ作成ソフト
はい、若干アレな方向に向かってきてますねーwwwww
イメージ化したCD/DVDをマウントするための仮想ドライブを作成するソフトです。
何個も同時にインストールすると相性の問題で青画面出る可能性があるので注意。
特にデーモンツール+Alcoholは本当に相性が悪い。
セットアップした瞬間落ちるくらい相性が悪いのでやらないように。

・Daemon Tools★
まぁ仮想ドライブと言ったらコレでしょう。一番有名。
でも有名なだけで別に使いやすいってわけではない…
まぁ安定してるし、vistaにも対応してるから悪くはないのかな。
よく分からないんだったらコレでいいんじゃないかな。
・Alcohol★
アルコール。お酒。
無料版の52%と製品版の120%というのがある。
別に無料版でも不便ではないがやはり製品版の方が使いやすい。
だが1万もするのでパー研部員かなんかから貰ったほうがいい。
仮想ドライブ作成だけではなく、
-CD/DVDのイメージ作成/書き込み
-AudioCDのリッピング
などにも対応しており、コレ一つで案外何でも出来てしまう。
ちなみに仮想ドライブ数も31個くらいまで大丈夫。
デーモンで満足できなくなってきたらこれがいい。
でもこれをインストールする前にデーモンを消さないと大変な事になる。
本当に青画面乱発状態になるので注意しましょう。
ちなみにVista未対応。Vista死ね!
・VirtualCloneDrive
VCD。バーチャルクローンドライブ。
Vistaで仮想ドライブするならコレ、という話。
使いやすさで言えば随一か。分かりやすい。凄く。
イメージを自動的に関連付けしてダブルクリックでマウントできるのも便利。
デーモンもアルコールも意味わかんねーって人達にはコレ。
・PowerISO★
仮想ドライブソフトとは違うが、同じようなモンなので。
イメージを読み込んで、中のファイルを編集したり追加したり出来る。
データからイメージを作る事も可能。要するにライティングにも応用できる。
一応仮想ドライブ機能も装備している。
Alcoholをさらに発展させたみたいなパワーツール。マジうめぇ。

そんな感じ。
何度も言うけれどもDaemon+Alcoholは本当にヤバイので避けましょう。


------CDリッピングソフト(オーディオ)

ついに出ましたリッピング関係のソフト。どんどんヤバイ方向に…
要するにオーディオCDをリッピングしてwavなりmp3なりを抽出するソフト。
CDからイメージなどを作成するソフトではありませんので注意。
「は?」という方もいるでしょう。要するにこういう話です。
CDには種類があるんですね。
・空CD
要するに何もデータが入ってない状態のCDです。
CD-RとかCD-RWとかCD-ROMとかあります。
Rは一回だけ書き込める、RWは何回も書き換えられる、ROMは業務用と理解しとけばおk。
・データCD
空CDに音楽、画像、動画、テキストやアプリケーションなどのデータをぶち込んだ状態。
Windowsにおけるいわゆる「エクスプローラー」で中身を見る事が出来る。
要するにはフラッシュメモリなどと同じようなモノ。まぁRだったら書き換えられないけど。
・オーディオCD
音楽をCDに保管する時の扱われる特殊なCDの形式。
ツタヤとかで借りた音楽のCDとかはこの形式です。
エクスプローラーで開くと「Track1.cda」とか「Track4.cda」とか見える。
この「cda」というのはCDに入ってる音楽へのショートカットみたいなモノ。
要するにエクスプローラーからcdaファイルをコピーしただけでは、
音楽自体はコピーできていない事になる。
CDに入っている音楽自体をコピーするには、
CDからデータをリッピングする専用のソフトが必要となる。
ちなみにCDプレイヤーやオーディオコンポで再生できるのはこの形式のCD。
だから、空CDに音楽ファイルをmp3でぶち込んだだけでは、
それは音楽が入っただけの「データCD」なのでプレイヤーでは再生できない。
オーディオCDを作るときも、専用のソフトを使う必要がある。

と、いうことで今回紹介するリッピングソフトは、
オーディオCDから音楽を取り出す事の出来るソフトです。

・Windows Media Player
出ました我等がWMP。windows標準装備のステキソフトです。
オーディオCDを入れてWMPを起動して「取り込み」をすれば音楽をコピーできるんです。
だが例によって遅いし使いにくいし面倒だしダサいです。
何か理由でもない限り他のを使った方がいいですね。
・iTunes
出ました我等がiTunes。Mac標準装備の実は中々使えるソフトです。
とりあえずWMPの40倍は使えます。全然マシです。
iTunesの真髄はライブラリによる曲のオートソートですが、
CDからの取り込み機能もちゃんと付いてます。
でも、まぁ、他の入れられるんだったら他の方がやはりいいよなぁ…
・CD2WAV32
超定番ソフト。シーディートゥーウェーブさんじゅーに。
名前に反して、mp3変換用のdllを内蔵してるのでmp3変換は可能。
ビットレート指定、VBR/CBRエンコードなどもでき、機能も十分。
特にこだわりがないならこれで大丈夫かと。
・CDex★
シーディーイーエックス。こちらも定番。
CDDBアクセス機能やサンプルレートの指定、ドライブ別設定にチェックサムなど、
CD2WAVを一段階進化させたカンジのソフト。
しかし豊富な機能の割には複雑でもなく、使いやすい。
別にこだわりがない場合は読んで、ディレクトリ指定してボタン押すだけでOK。
・Exact Audio Copy★
エグザクトオーディオコピー。神のソフト。
悪い子なら一度は「EAC」の文字を見た事あるはず。
読み込み精度では他のソフトを寄せ付けない。
さらに、設定、機能の豊富さもヤバイ。飛び抜けてる。
だが使いこなすには相当な知識量が必要。
オーディオ・CD・ドライブ・コーデックに関する豊富な知識がないと、
このソフトの強力な機能を100%引きだす事は出来ないと思う。
要するにはパワーユーザーのためのパワーツールって感じ。
・dbPowerAMP Music Converter
ディービーアンプ。
基本的にはシェアウェアだが無料でも制限付きながら使用可能。
オーディオ変換用のソフトだがCDリッピングも可能。
変換の方の使いやすさが異常なのがこのソフトだが、
CDリッピングだと何故かメチャクチャ早い。
何故だが知らないがスピードだとこのソフトが一番速かった。
一体何故なんだろうな…


ああ疲れた。 夜もう一度更新するかも。ああ。面倒かも。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
パー研部員かなんかから貰ったほうがいい。

アーッ
RYO 2007/08/26(Sun) 編集
無題
>アーッ

アッーですwwww
evolution249 URL 2007/08/26(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[01/25 第七聖典]
[01/11 第七聖典]
[01/10 RYO]
[01/10 RYO]
[01/06 紫杏]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
evolution2497521
性別:
男性
自己紹介:
おきのどくですがぼうけんのしょ1はきえてしまいました
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ぶしつのつはつみきのみ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]